初心者が不動産投資をはじめるなら評判高い日本財託へ!

つみきと紙幣

ローンをフル活用しよう

マンション

法人化しよう

投資用マンションをフルに活用して資産運用をしたいのであれば、ローンを組むことをお勧めします。個人が行う資産運用方法で、20年から25年の長期にわたってローンを組める投資商品は投資用マンションくらいです。投資用マンションを購入するにあたって、ローンを活用するメリットはレバレッジ効果です。レバレッジはてこの原理とも言われますが、ローンを組むことにより、自身の投資額を抑えて、資産運用ができるため、自身の投資額を基礎として運用利回りを計算した場合に、現金一括で購入した時よりも高い利回りとなるということです。仮に1000万円の元手で、表面利回りが7%の中古ワンルームマンションを現金一括で買った場合、年間収入は70万円です。一方で、1000万円を頭金として9000万円のローンを組んで、利回りが7%の中古ワンルームマンションを10戸購入した場合、年間収入は700万円になります。この場合、元手の1000万円に対して、家賃収入が700万円となるため、元手に対する投資利回りは70%になります。もちろん、ローン返済があるため、キャッシュフローは忙しくなりますが、ローン返済をうまくこなしていけば、収益は飛躍的に大きくなります。そして、資産規模がある程度まで大きくなったら、法人化して、投資用マンションを買っていきましょう。法人化すれば、運転資金として借入をすることもできますし、制度融資なども使えるようになります。